健康診断、人間ドック、レディースドック、肺ドック、婦人科健診、ピロリ菌検査、インフルエンザ予防接種

ホーム > 早期発見プログラム > 脳卒中について

脳卒中について

脳卒中とは、脳の血管が詰まったり、切れたりする病気の総称です。

症状

頭痛がしたり、頭が重くなったりします。

くも膜下出血が発病すると、激しい頭痛が度々起こり、意識を失ってしまう事もよくあります。また、「先がけ頭痛」という動脈瘤が増大する際に感じる、動脈瘤からごくわずかに出血した際に感じる頭痛もあります。

話していると、舌がもつれたり、口の周囲が痺れることがよくあります。

脳梗塞や脳内出血で言語障害が発生します。言語の中枢自体が壊れてしまったり、舌や咽が痺れてしまいうまく話せなくなったりします。

視野が狭くなったり、ものが二重に見えたりします。

脳や神経の一部分に異常がある可能性があります。

手足がスムーズに動かなくなってしまいました。

小脳に障害が起き、手足が思うように動かなくなってしまう事があります。
手足が振れてしまい、ぎこちない動きになります。

病気の特徴

脳卒中は、脳の血管が切れる「脳出血」、脳の血管が詰まる「脳梗塞」の、2種類に分けることが出来ます。
脳出血は、「脳内出血」と「くも膜下出血」の2つに分かれます。 「脳内出血」は脳の中にある細い血管が破裂して脳の中に血の塊(血腫)をつくる病気です。 「くも膜下出血」は脳の比較的太い血管にできた血管のこぶ(脳動脈瘤)が破裂 して、脳の周りに出血したものです。脳梗塞は、「脳塞栓」と「脳血栓」の2つに分かれます。
「脳血栓」とは、脳の血管が動脈硬化で細くなり詰まってしまうものです。 「脳塞栓(そくせん)」とは心臓や首の血管にできた血の塊(血栓)が脳に流れてきて閉塞するも のです。

主な症状

代表的な症状は「半身麻痺」「感覚障害」「言語障害」です。
「半身麻痺」は脳梗塞や脳内出血が起こることによって、半身が麻痺し動かなくなってしまいます。
「感覚障害」は麻痺と同じく脳梗塞や脳内出血によって半身に「感覚の過敏」や
「感覚の鈍さ」、「感覚異常」などの症状が発生します。
「言語障害」は脳の言語中枢に障害が起きてしまい、言葉を理解できない、また言葉を話せない「失語症」や、
舌や口周り、喉が麻痺してしまいうまく話せなくなる「構音障害」になってしまいます。
ページの上部に戻る