人間ドックや健康診断は病気の診断のためではなく、
予防が期待できる一部の疾病に関しての簡易的な検査(スクリーニング検査)です。
現在医療的な対策を講じる必要があるかどうかの振り分けをすることが目的です。

「異常なし」イコール
「健康」ではありません

自覚症状がある、または続いている場合は健診結果をお持ちの上、
医療機関を受診して相談しましょう。

「所見あり」イコール
「病気」ではありません

病気の診断にはさらに詳しい検査が必要です。
判定に沿って医療機関を受診し、
検査や治療方針について医師に相談しましょう。

治療中の場合は主治医の判断が優先です

疾病の経過や総合的な状態は加味できませんので、
健診結果をお持ちの上、主治医に相談しましょう

ご自身のデータの推移が大切です

毎年のデータの推移を見ることで
ご自身の体質やウィークポイントが把握できます。
日々の健康管理につなげましょう。

ご自身の健診結果を確認しましょう。

確認のポイント

  • 基準値と大幅なズレはないか?
  • どの項目が基準から外れているか?
  • 年々上昇(低下)しているのか、一定幅で行きつ戻りつしているのか?
  • 症状や生活習慣の変化と関連がないか?

※基準値につきましては、お手元の結果報告書をご覧ください。

判定/ 判定の意味 判定の意味
A:異常なし 今回の検査では心配な所見は認められませんでした。
今後も年に1回は健診を受けましょう。
気になる自覚症状があれば、検査結果に関わらず受診してご相談ください。
B:略正常 僅かに基準を外れていましたが、特に心配な状態ではありません。
個人差(体質)、生理的な変化、誤差などの影響かどうか、次回の健診で確認しましょう。
また、気になる自覚症状があれば、検査結果に関わらず受診してご相談ください。
C:要経過観察 今すぐ精密検査や治療が必要な段階ではありませんが、注意が必要です。
一時的な変化かどうか、次回の健診で確認しましょう。所見によっては日常生活で改善する可能性もあります。
また、気になる自覚症状があれば、検査結果に関わらず受診してご相談ください。
C3・C6:経過観察
(3か月後/6か月後)
今すぐ精密検査や治療が必要な段階ではありませんが、注意が必要です。
3か月後(あるいは6か月後)に今回の検査結果と保険証をお持ちの上、医療機関を受診して経過を追ってください。
また日常生活を見直し、早期回復を目指しましょう。
D:要医療 今回の検査結果と保険証をお持ちの上、
お早めに医療機関を受診して、今後の詳しい検査や治療方針について医師にご相談ください。
また日常生活を見直し、早期回復を目指しましょう。
E:要精密検査 今回の検査結果と保険証をお持ちの上、
お早めに医療機関を受診して、精密検査について医師にご相談下さい。
精密検査の結果、経過観察や治療が必要な場合は、医師の指示に従ってください。
F:治療継続 引き続き受診を継続して下さい。
受診の際には今回の検査結果をお持ちの上、主治医のもと総合的な管理に役立てましょう。
G:要再検査 再検査が必要です。
再検査の結果、経過観察や治療が必要な場合は医師の指示に従ってください。
人間ドック・健康診断のサポートとして保健師・管理栄養士による保健指導をお受けいただけます。